ティーハウスティーハウス

藤沢、鎌倉エリアを中心とした不動産を扱っています。不動産売却に実績があり、もちろん無料査定にて当社買取りいたします。

ティーハウスロゴ画像
ティーハウス株式会社画像
LINEで送る

Q.買うのと借りるのどっちがいいの?

もちろん買った方がいいです!
買っている人と借りている人、住宅ローンと賃貸の違いはありますが毎月10万円支払っているとします。
もちろん人それぞれ事情があってのことだと思います。

賃貸は気楽に住み替えができたり、固定資産税など余計なお金を支払う必要がありませんよね。
もとからあった大家さん所有のエアコンや給湯器など壊れたら大家さん負担で直してくれます。
余計なことは考えなくていいんです。

それに対して買った人は、固定資産税、設備や家の修理は自己責任。それにローンが払えなくなったらどうしよう、という心配がついてきます。

はたしてそれはリスクなのでしょうか?

今の現状が維持できていれば賃貸でも問題ありません。
しかし万が一、一家の主が大病になってしまったり亡くなってしまったらどうしますか。

買った方は心配いりません。
なぜなら住宅ローンには通常「団信(団体信用生命保険)」がついています。すなわち住宅ローン残高に対して生命保険がセットされています。
従って、債務者(住宅ローンを組んでいる人)が亡くなったら住宅ローンが終了します。
最近は亡くならなくても。7大疾病特約など少し多く保険料をかければ3大成人病等該当する病気になったとき団信適用となります。

万が一のとき、残された奥様に家があるかないか想像してみてください。
住む家だけでも残れば家の負担がなくなります。
衣、食、住の中でも最も負担の大きい部分です。

その他、住宅ローン控除やすまい給付金など税金の恩恵を受けられますから賃貸よりも負担が軽くなる可能性もあります。

実家が持ち家の方(もし違う方はすみません)、持ち家が当たり前だと思っていたけれどご両親の努力があってこそ実家があるんですよ!

仕事を引退して収入が少なくなったとき、住む家があれば安心です。

子供に引き継ぐこともできます。
余裕ができれば、賃貸として貸すこともできます。
娘を家から嫁に出すことも子供達に実家を作ってあげることもできます。

家を買うことは人生最大の買い物ですが、その決断が将来の安心を買うことになりますよ。
同じ10万円を払うのなら家族のために買うという勇気を出してみましょう!

TOP